付帯保証を理由に、また所持しているだけで値打ちのあるクレカであれば良いのだが持つ事もないし会費も支払わなければならないようなクレジットカードをもし保持して放ってあるのであったら、そのクレジットは契約解除しておいたほうがよりよいでしょう。というのは、カードを手元に置くことにより下記の例が現れてしまう事が否定できないという根拠からです。払わなくていいカード年会費が生まれてしまう■カードというのは持っているだけの状態でも年会費というような支払いが必要になる種類が存在します。これらのカードのケースの時まるまる1年を通して全然利用する事がなかった時でもかかわらず無駄な会費が支払い対象になってくるという理由で使わないクレジットカードを手元に置き続けるということが多額の損になるのです。予想通りではありますが解約をしてしまえば無駄な出費の発生は無くなるという根拠で、必要のないカードは早めに返却してしまうという手段が適切だと示せると考えます。つけくわえて、年会費がただのカードの中にもクレジットを利用しないと払わなければいけないお金が必要になるといったような制約事項が示されているカードも存在するため、油断は大敵です。