民事再生による解決は住宅ローンなどを含めて多重債務に悩んでいる債務者に対して住んでいる家を維持しながら金銭面で再建するための法的な機関による債務を整理する道として施行された解決方法です。

この法律には、破産とは違って免責不許可事由はないので、賭け事などで借金を作ったような場合においても手続きはできますし破産宣告により業務不可能になるリスクのある資格で生計を立てているような場合でも民事再生手続きは行えます。

破産の場合には住んでいる家を手放さないことは無理ですし特定調停と任意整理では圧縮した元金を返していかなければなりませんので住宅ローン等も支払いながら返済をしていくことは現実として簡単なことではないでしょう。

とはいえ、民事再生による手続きを取れれば住宅ローン等を除く負債は相当な減額することができますので、ある程度余裕に住宅のローンを払いつつあとの負債を支払い続けることが可能ということになります。

民事再生による解決は任意整理による処理特定調停といった処理と異なり一部の借金だけを除外扱いして処理をすることはできませんし、破産申告においてのように債務それそのもの帳消しになるのでもありません。

また、それ以外の債務整理に比べて手順がこみいっていて時間が必要ですので住宅のローンが残っていて住宅を維持していきたいような時を除き、破産宣告などその他の選択肢がない際における最後の処理と見ておいた方がいいでしょう。